ホルモンバランスを整えるプラノバールを処方されました

プラノバールという薬を処方されました。
やっぱりどんな薬なのか?副作用はあるのか?など気になるので調べてみました。

プラノバールはピルの一種だといいます。
避妊、生理日をずらす、生理不順などに使われるんだとか。
ちなみに避妊の場合に処方してもらうと保険適用外だといいます。

ピルの種類だと聞くと副作用が心配にもなります。
ですが、特にプラノバールを飲んで何か変化があったのかと言われるとありませんでした。
とりあえず大丈夫のようです。

 

プラノバールはピルの一種と言っても、私たちが想像しているピルは低用量ピルとなります。プラノバールは「中容量ピル」となります。女性ホルモンである、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類が含まれており、卵胞ホルモンの配合量が低用量ピルより多いために「中容量ピル」に分類されます。主に産婦人科で処方されるお薬となっています。

 

私のように更年期がらみの不正出血にはプラノバールが処方されることが多いようです。

 

プラノバールを飲んだ経過

初通院の夜から飲み始めました。
一日一錠です。吐き気がする体質だというと整腸剤も出してくれましたので、一錠ずつ飲みました。

 

飲んだ翌朝には出血がほぼなくなりました。
3日間は少量ずつウダウダって感じでしたが4日目からは止まりました。
薬は7日間飲みました。で、12月7日から生理が始まりました。
これで落ち着くんでしょうか?
今度の生理は終わるといいんですけど・・・・。

 

ただ、更年期の場合様々な症状があるようです。
生理の間隔が一月から二月、三月・・・・半年となり止まるパターンが私の知り合いでした。
婦人科の先生によると2か月くらい不正出血が続いて止まる人もいるようです。
11月からの出血で大量にナプキンもなくなっています。勘弁して欲しいですね。
ここらで一旦、スッキリしたいです。

 

一月に一度の生理がかなり、面倒だと多くの女性は思っているでしょうが、一月半もウダウダすると月に一度、一週間なら許せると思えてきます。

 

明日は子宮がんの結果などを聞いてきます。
たぶん、大丈夫だと言われていますがそれでも心配ではあります。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。